zzzsahmi:

narax:

minnanounko:

onoholiday:

fmmzk:

danda3:

ultra-warosu:

dumdumbullet:

shashinmeister:

letmekissyourhipbone:

seetaake:

via apr.2chan.net
"

 売れない、メジャーのレーベルに見つけてもらえない、という点を卑屈にばかり思って5年ほど活動した末、これからは絶対に好きなことだけやって生きてやろうとすべてのバイトをやめました。そしてそれをきっかけに、「売れるために自分は冷静に策を立てていたか? 良い曲を作る、良い歌をうたう、そんなのは当たり前で、歌手だから他の努力はしないなんていうのは怠慢ではないか?」と思うに至りました。自分の状況を冷静に見つめたとき、

1. ひとりで活動しているのでバンドに比べて予定の擦り合わせの手間がなく機動力が高い。

→ 出演ライブ、イベントを場所やギャラや面子で選定せずとにかく手当たり次第出演する。

2. スタッフがいない&幼少時代から何をやっても天下がとれず器用貧乏だと思っていた自分の性質

→ キュレーター気質な、つぎはぎのもの作りが認められるようになったいまの時代に向いているのではないか。「素人っぽい」はとりあえず気にせず、文章を書くことも、CDジャケのデザイン入稿も、フライヤーのデザインも、CDの発注書の処理も、とりあえず全部自分でやってみる。世界観を細部まで自分だけで創り上げることができて有効だと考え直す。

3. 大火傷しがちの感情的な性格

→ 隠さない。スルースキルを絶対に身につけない。笑顔ですべてかわすという、人として確実に不健康な風潮を認めない。ちゃんとしなきゃだめ、という誰かの決めた理想像、概念を一切受け入れない。

 というように、いままで弱点だと思っていたところをすべて活かせるように、考え直すことができました。

 「がんばりたいけど、がんばるって何をがんばればいいんだろう?」と、とても長い時間そればかり思っていたので、弱点の炙り出しだけで今後の活動指針が見えた気がして、自分でも間抜けなほどパッと明るくなりました。あとは、やるだけでした。

"
contemporaryartdaily:

Tomma Abts at David Zwirner
mmmmmmmmmy:

by picapixels http://ift.tt/1wVM08Z
floatan:

おはよう。洗いたての空。
isitz:

ライブドアニュース on Twitter: “【これはイイ】えのきの「根元」をステーキにしてみた http://t.co/74MW2od5PQ 旨味や糖度、栄養価も高く、実は隠れた優秀部位。焼くとホタテに似ていることから、「貝柱」とも呼ばれて親しまれているそうだ。 http://t.co/asTsj5lR9T”
blastedheath:

Olivier Debré (French, 1920-1999), Brune rouge de rLoire, 1985. Oil on canvas, 100 x 100 cm.
un-gif-dans-ta-gueule:

Particles
mentaltimetraveller:

Roni Horn
mentaltimetraveller:

Roni Horn, That II, 1993, pigment and pencil with firnis on pape